人生後半戦の新おとな学入門

50代60代のためのニューシニア講座 働き方・暮らし方・生き方・学び方・遊び方





「孫子の兵法」は戦略の書です。「人生後半戦」における「敵」とは未来の自分であり、「己」とは現在の自分です。「戦い」とは現在から未来への「働き方・暮らし方」として考えます。今回は「軍争編」から学びたいと思います。


◆自分の未来の姿

「未来の自分」の姿というのは「定年を迎え、年金で生計を立て、やがて介護を受け、最期を迎える」ということを想定しています。このよう姿を受け入れることが「負け」を認めるということではありません。

◆戦いに参加する

「定年とは関係なく働きたい、年金以外にも収入が欲しい、介護を受けずに健康でいたい」と思う人だけが戦いに参加するという考え方です。そして、戦うからには勝ちたい、そのためにはどのよう戦えば良いのかということを「孫子の兵法」に学びたいと思っています。

◆孫子の兵法の考え方


「孫子の兵法」の基本的な考え方は「戦わずして勝つ」と「勝算なきは戦わず」の2つがあります。「勝算なきは戦わず」の意味は、今は勝ち目がないので戦わないという意味であって、戦うこと自体を諦めたということではありません。勝ち目が出るまで待つ、または勝ち目が出るように仕向け、勝ち目が出たら一気に攻め入るということです。

◆迂直の計・風林火山

今回の「軍争編」には、「迂直の計」という「敵を油断させて一気に攻め入る」考え方と、日本人には武田信玄の軍旗で知られている「風林火山」という大きく2つの考え方が記されています。「迂直」とは、迂回(遠回り)することで目的に早く近づくということです。

◆定年・年金・介護

人生後半戦で「迂回する」とはどういうことでしょうか。本書では「距離の迂回」「時間の迂回」の2つがあると書かれています。「距離の迂回」に当たるのが「定年・年金」とは別の方法を考えることになると思います。「時間の迂回」は特に健康面で、介護を受けないように健康に留意することだと思います。

◆収入源と健康

「定年・年金」とは別の方法とは、貯蓄・投資・副業・起業などの方法が考えられます。収入源を持つということです。「介護を受けない」とは、日常の生活に支障が出ないように、将来の健康に留意して現在の生活を考えるということになります。

新おとな学

◆兵は詭道なりとあるが

孫子は「兵は詭道なり」と喝破しています。「戦いは騙し合い」であるということなのですが、これをそのまま「働き方・暮らし方」に取り入れることはできません。正道ばかりをみていては、道が断たれたときには身動きできなくなるので、脇道を常に考えていなければならないということでしょう。

◆行動原則と気持ちの持ち方

また、勝ち目があると思えば迅速に行動することが「その疾きこと風のごとく」から始まる「風林火山」に例えられた行動原則だと思います。また孫子は「兵勢編」でも「勢い・気力」が最も重要だと説いていますが、気持ちの持ち方についても「風林火山」は当てはまると私は考えています。

◆必ず逃げ道を開けておけ


「軍争編」の終わりには「必ず逃げ道を開けておけ」と説いています。これは戦いにおける敵に対して言っていることですが、人生後半戦では前述の正道でも脇道においても、さらに逃げ道を用意しておくことだと解釈できます。投資・起業を行っても年金は手を付けないというような現実的な話です。




◆◆◆◆◆



「兵勢編」から「軍争編」とより戦いに近づいた考え方となっています。孫子の「戦わずして勝つ」とは「戦いを拒否する」ということではなく「戦いを覚悟してことに当たる」ということだと思います。戦うからには勝たなければならない、そのためには戦略が必要であり学ばなければならないということだと思います。

次回は「軍争編」に続き、戦い方について書かれた「絶体絶命の窮地に立って戦え」という「九地編」に学んでみたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ