人生後半戦の新おとな学入門

50代60代のためのニューシニア講座 働き方・暮らし方・生き方・学び方・遊び方





「孫子の兵法」は戦略の書です。「人生後半戦」における「敵」とは未来の自分であり、「己」とは現在の自分です。「戦い」とは現在から未来への「働き方・暮らし方」として考えます。今回は「九地編」から学びたいと思います。


◆九地とは

本書では「九地」の内容には触れらていません。「地」とは地形・状況です。地形・状況に応じてた戦い方を変えなければならない、ということを説いています。「九地」とは、散地・軽地・争地・交地・衢地・重地・圮地・囲地・死地の九つです。

◆迅速であること

「いったん作戦行動に入ったら、できるだけすみやかな終結を目指さなけれならない。そのためには意表をついて攻めよ」と書かれています。これは「すみやかな終結」ではなく「すみやかな行動」と考え、決断力と行動力を促している思います。

◆柔軟な考えと行動

柔軟であることを「蛇の強さ」に例えています。また、一枚岩の強さというのは一見強固のようでもひびが入れば脆いと表しています。これは一点に集中して考え行動するばかりではなく、多面的に考え行動することで強さを発揮できるとできるということです。

◆呉越同舟と木鶏

「呉越同舟」は敵国同士が同じ船に乗っている例え、「木鶏」とは才能は内に秘めて外に現わさない例えです。前者は相反する考えであっても目的が同じであれば力を合わせるとと考えることができます。後者は自らの能力をひけらかせず自分の道を進めと解釈しています。

◆背水の陣で戦う

「九地」の最後に「死地」があります。戦わなければ死ぬという状況のことを指しています。「人間死ぬ気になれば、できないことはない」と書かれています。逃げることはできない「背水の陣」で戦えば勝つことができる、ということでしょう。

◆窮地で活路を見つける

孫子では「戦わずして勝つ」ことが基本になっていますが、反して「死ぬ気で戦え」とはどういうことなのでしょう。人生後半戦の背水の陣とは、「いつかは死ぬことを意識して生きよ」と私は解釈しています。言いかえれば「死」から逆算する生き方です。

◆人生後半戦の戦い方

人生前半戦は「より上へ上へ」というピークを目指した生き方です。人生後半戦は上でも下でもなく「終わり」を意識した生き方になります。これを終活と考えるのではなく、時間に限りがある生き方では「背水の陣」をもって働き方・暮らし方を考え行動することが、人生後半戦に相応しいのではないでしょうか。




◆◆◆◆◆

人生後半戦は必死で生きようということではありません。むしろ強か(したたか)に生きようということです。もちろん人を欺いたり社会に反して生きようということでもありません。今まで当然だと思っていた未来、今まで当然だと思っていた生き方を、もう一度自分なりに考えて生きようということです。

本書の最初には、7項目のまとめが記されており、これは本書を理解しやすいように著者である守屋洋先生が示してくださったものだと私は思っています。今までは順に5項目めまで私なりの解釈で書いてきました。

このあとは「謀攻編」「虚実編」と続いていますが、すでにこれらの項目については取り上げていますので省かせていただきます。興味のある方は、本書に限らず「孫子の兵法」をお読みいただく、ネットで調べていただくことを期待しています。

次回は、第十三篇の「用間編」から学びたいと思います。用間編のサブタイトルは「最後の決め手はこの情報力にある!」となっています。





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ